タイ・バンコク。ちょっとした浦島太郎的な経験。

この記事の所要時間: 21


さて、福岡空港を後にして、バンコク・スワンナプーム国際空港に到着。僕が以前にタイを訪れた時とは別の空港になっていたが、事前にカオサン行きのシャトルバスがあることを聞いていたので、そんなに心配も準備もしなかったのだが、ツーリストインフォメーションに尋ねても「そんなバスはない」と言われる。

仕方がないので、地下鉄で空港から「パヤタイ(phaya thai)」まで行って、そこからバスかタクシーを使うことにした。が、タクシーは交渉とかそんなレベルではなく、「何か食べるか?」とか「カオサンまで300バーツだ」とか、引っ掛ける気満々の人に当たって、面倒くさくて、やはりバスにすることに。そういうふっかける人を中学生くらいの女生徒が「ったくこいつは」みたいな顔で見てたのが印象的。

しかし問題は英語での行き先の表記がないこと。仕方がないので、来るバス来るバスの運転手にそのバスがカオサンに行くかどうか聞くという方法を取った。そしたら、すぐにこれに乗れと手招きをしてくれるバスの運転手が現れた。公共の交通機関の人だし、信頼できそうだったのですぐさまそのバスに飛び乗る。

Booking.com

しばらくバスに揺られながら、流れていく景色を確認していた。どこか知っている場所の目印になるようなところがないか探すためだ。しかし見つからず、そのあたりの景色が昔と今とどのように変化したのかさえ分からない。けれども、あるタイミングで運転手がここだよと促してくれた。僕は運賃を支払うために値段を聞いたのだが、フリーだという。タイって、公共バスが無料なんですね。

さて、ここから実は結構歩いた。1時間くらい歩いたのではないだろうか。まあ、久々のバンコクだったので、見て回りたかったというのもあるのだが、繁華街が広範囲に及んでいて、今晩宿泊する予定のカオサンロード付近を感で当てることができなくなっていたのだ。それでも、何人かに道を聞きながらなんとか到着。途中、食事も摂ったりしたり。

そして、昔日本人宿が集まっていたエリアに足を運んだのだが、もはや日本人宿のエリアではなくなっていた。多くの客は西洋人だし、昔、よく泊まっていた宿にいたっては、すでに姿がなくなっていた。しかし唯一面影が残っている宿を見つける。一泊120バーツ。前に来た時よりも30バーツ高い。さらに今、円安だから余計に物価の上昇を感じてしまう。


    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です