これまで食べたものは何だったのだろうと思うほど、衝撃的なまでに美味しい本場の「バイン・セオ」。

この記事の所要時間: 16

ベトナム風お好み焼きとも言われている「バイン・セオ」。南部が本場のこの料理、フラッと偶然入った店で食べた時に衝撃を受けた。今まで食べてきたものとまるで別物だったからだ。

こちらが作っている様子。小さなフライパンのような調理用具に溶き卵を張ってその上に具材を置いていく。

IMG_5620

そして、パタンと二つ折り。比較的小ぶりとはいえ、ここまでは今までの「バイン・セオ」の概念を覆すほどのことではない。

IMG_5619

こんな感じに皿に盛られてくる。野菜とライスペーパー、そして、タレ付き。

IMG_5622

ライスペーパーの上に野菜と「バイン・セオ」を置く。そして巻いていく。野菜で巻くのは食べたことがあったが、ライスペーパーを使うのはこの時がはじめて。でもこちらではメジャーな食べ方だそう。

IMG_5624

これが完成系。甘辛のタレを付けて食べる。

IMG_5627

これがメチャクチャうまい。なかにカリッとしたバイン・セオが入っていて、この食感はクセになる。やわらかな春巻きの中にカリッとした部分がある感じ。ライスペーパーのおかげで、素材が層状になっているのが強調される。

この感じがおそらく、バイン・セオのもっとも重要なポイントなのだ。今まで食べてきたのはなんだったんだろうと思うほど、衝撃的な美味しさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です