この記事の所要時間: 130

 

南インドで最も美しいビーチとも言われているコヴァーラム・ビーチの海で泳いでみた。ずっと旅をしながら生活しときながらあれだが、自分は基本的にはインドア派。特にビーチで泳ぐとか、そんなことは少なくとも自らの意思ではじめることはない。けれども、今回はその殻を破ってみるために、ビーチの海で泳ぐということをしてみた。

結果、めちゃめちゃ楽しかった。海で泳ぐってこんなに楽しいことなんだ。あっ、これ巨大なプールやなって思った。これ、逆転してる発想なんだけど。あと、結構波が強くてそれもとても新鮮で。これはサーフィンとか本気で始めてみようかな。ただ、サーフボードはかさばるので、旅しながらだとマイボードとか所有しにくそう。実家の近くにあるサーフィンの名所とか、行ってみたいな。そんなこと、今まであまり考えたことなかったけど。

自分の思考パターンというか行動パターンとして、自分があまり知らないものをゲットする、というものがある。それはいってみれば、新しもの好きとか飽き性だとか、移り気だとかそういう特性とも一体であったりもするのだけれども、最近では自分の大切なコアのようなものを育てながら新しいものを摂取するこということができ始めてきた気がする。

これまで、ずっと人生を積み重ねてステップを上がるってことを怠ってきたのだけれども、そういうのが楽しくなってきた、ということもある。きっとそれは望ましい変化なのだろうな。といっても、結構趣味的な自己満足的なものではあるんだけれども。ただ、目的ができると生活にハリが生まれるのがいい。もうすでにやってみたいことが頭の中にあふれていて、それを全部やりきってからこの世を去りたい欲求ある。もちろん、天命を全うしてのことだけど。