この記事の所要時間: 255

山口県の美祢市に本格的な南インド料理が食べられるお店があることを知っていますか?「まなまな」というお店なのですが、ここでは都心でもなかなかお目にかかれないくらい本格的な南インド料理が食べられるのです。ひっそりとした場所にあるので隠れ家的な魅力も備えていて、ゆっくりとした癒しの時間を満喫できる、とても魅力的なお店になっています。

1.赤いポストが印象的な木造の一軒家

IMG_0564

このお店のある場所は最寄りの駅も随分離れているので、訪れるためには、車で向かうことになります。しかも、かなり閑散とした林の中にあるような集落のなかに位置しているので、基本的には、あらかじめ場所を押さえていないと辿りつくことはないでしょう。

なので、事前にスマホなどの地図アプリで場所を確認して、ナビゲーション機能を利用して向かったほうが無難。ちょっと入り組んだ細い道を進んでいくと、ちょっと奥まったところに赤いポストが印象的な木造の一軒家があります。あまりお店っぽくない外観なので、ちょっと戸惑うかもしれません。

また、基本的には予約制となっているので、訪れる前にちゃんとお店に連絡しておきましょう。

2.手作り感満載の癒しの空間が心地良い

IMG_0566

お店の内装は、手作り感満載。人間の身体に馴染むような、とても自然で落ち着く癒しの空間がそこには広がっています。こういった空間作りは、都会ではなかなか実現することは難しいもの。

小さな集落のなかにあるお店なのですが、まるで人里離れた場所にいるような、そんな気持ちになってくるお店です。

また、表の大きな道路からは奥まったところにあるという立地のためか、地元の人たちにもあまり知られていません。そのため、お客さんもまばらで、その意味でもゆったりと過ごすことができるのも魅力。

3.都内でもレアなレベルの南インド料理!

IMG_0573

このお店では、かなり本格的な南インド料理が提供されています。日本では一般的にインド料理というと、北インド料理がメインとなっていることもあり、都内でもこれほど本格的な南インド料理が食べられるお店はレアといっていいレベル。

南インド料理の特徴には、主食が米であることや菜食中心なこと、そして、ココナッツオイルを使用することなどがあります。北部のそれよりも調理時間が短く、比較的さっぱりとしていることも特徴。なのでじつは、北インド料理よりも日本人向きだとも言われていたりもします。

お店では、南インドで一般的なバナナの葉っぱも下敷きとして使用するほどのこだわりで、もちろん、味のほうも申し分なし。お好みで辛さを調整してもらうこともできます。かなり辛めにしてもらうことも可能なので、辛いもの好きの人にもオススメですよ。

ぜひ、北インドとは一味違った、南インド料理の良さを堪能してみてください。

おわりに

いかがでしたか?山口県美祢市にある、本格的な南インド料理が食べられるレアなお店「まなまな」。インド料理好きなら、必ずや気にいるはずの名店です。地元の人々にもあまり知られていないので、隠れ家感も素敵ですね。また、タイカレーもあったりしますよ。

お店の周辺には、カルスト台地の「秋吉台」や巨大な鍾乳洞「秋芳洞」、日本名水百選のひとつ「弁天池」など、多くの人気スポットも。その周辺の観光に疲れたら、このお店で空腹と疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

まなまなFacebookページ