サンティアゴ・アティトランの土着信仰「サンシモン」に会いに行く。

この記事の所要時間: 19

サンティアゴ・アティトランで、観光名物のひとつになっているのが、土着信仰の「サンシモン教(マシモン)」。

その神さまが祀られている場所は、なぜか毎年、変わっていくようです。去年は結構離れた場所にあったらしいのですが、今年は町から徒歩で行ける距離にありました。

本当に普通の民家のなかにあるので、路地裏をガンガン進んでいくことになります。近所の人たちに場所を聞かないと、たぶんたどり着くことはできません。

そして感動のご対面。入場料は2ケツァール。写真撮影は10ケツァール。写真は撮りすぎると追加料金をとられるみたい。

この神さまはお酒やたばこ、そして女性が好きで、手足がないのは女性に手をださないようにするためなのだとか。この神さまの像もモデルは、メスティソ(白人とインディオの混血)の男性なのだそう。

Booking.com

シャーマン的なおじさんが儀式的な何かを行っています。周囲の人びとでは、お酒を飲んだり葉巻を吸ったり。

そのため、酒の匂いと煙がこの部屋には立ち込めています。

そして神さまにもお酒やタバコをあげています。

グアテマラはスペインの植民地だったこともあり、キリスト教の信仰が大半。ですが、マヤの先住民族たちの土着の信仰が、それと混じり合って今でも息づいているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です