この記事の所要時間: 135

クラウドファンディングサイト「Makuake」で、面白いプロジェクトが立ち上がっています。それは、「シェアビレッジ(SHARE VILLAGE)プロジェクト」というもの。

これは新しい仕組みによって、「村」の概念を変えていこうというプロジェクトらしいです。そして、今、過疎化が進んでいる地方の状況を改善したり、また、多くの味わい深い古民家が危機に瀕しており、その資源を活かすという試みでもあります。以下は、その告知動画の第1弾。

参加の仕方はとても簡単。

1. 「年貢(NENGU)」を納める
年会費3,000円(年貢)を払うと誰でも村民に。

2. 「寄合(YORIAI)」に参加する
村民だけが集まる定期開催飲み会「寄合)」を都市部で開催。

3. 「里帰(SATOGAERI)」する
実際に自分たちが年貢を納めている村に遊びに行く。季節などにとって様々な企画が用意されているそうです。

4.「一揆(IKKI)」に行く
年に一度、「一揆(IKKI)」と名付けられたフェスが開催される予定。

こんな感じ。一昔前の、コンセプト型のシェアハウスの盛り上がり方に近いものを感じます。シェアハウスがめっきり社会に定着したので、次は「村」という流れかな。2015年3月5日現在、まだサポーターを募集しているので、興味のある方は参加してみるといかがでしょうか?年会費3,000円からというのも気楽に参加できていいですね。

詳しくはこちら。
https://www.makuake.com/project/sharevillageproject/

 

参照:年貢を納めて村民に?!シェアビレッジ町村、村民1,000人募集します。
参照:町村 SHARE VILLAGE 告知動画 第1弾
Top photo by tsuda

Popular Posts:

Similar Posts: