この記事の所要時間: 214

もう少しで横浜を離れることになるので、この一年くらいの短い間でしたがその日々の中で試行錯誤しながら開発してきたお店をご紹介したいと思います。ここで紹介するのは、主にお客さんとしてくるのは、日本人ではなく中国人たち。このあたりに住んでいたり働いていたりする人たちがくるわけだから、味や価格は観光客がメインの店とはまったく異なっています。その分、もしかしたら日本人にとって癖のある味や店かもしれませんが、私はそういった店がとても好みなのです。

そういう言ってみれば隠れ家みたいな場所を、このようにネットで公開することを良しとしない人もいるかもしれません。けれども、私はたった一年程度ですが、この街で発掘していたものを何らかの形で細やかな「散種」をしたくなったのです。DNAというかミームというか単なるエゴというか。

私の個人ブログなんてアクセス数は本当に微々たるものだし、決して「マス」を捉えるようなものではないので、不届きな客が店に押し寄せるなんてことは考えられないし。それに、それぞれ、それなりにアクの強いというかクセがあるというか、日本における一般的なサービス業の水準とは異なるレイヤーにあるところなので、去る人は去るし残る人は残る。
自分はこの一年でこの3つの店に集約した感じがあったから、ここからまた他の人がさらに開拓していってくれたらなんて勝手な想像もあったりします。

というわけで、しっかりと紹介すると思うかもしれないが、さらっとしか紹介しませんよ。何せちょっと酔った状態で書いているのですから。

一つ目は、「美楽一杯」。ここの店員さんは本当に腰が低くてこちらの方が恐縮してしまうほど。料理も本格的な中国の家庭料理でお値段も手頃です。二つ目は、「東北人家」。ここは豚の角煮チャーハンとか好きです。串焼きも充実しており、特に私は羊肉の串焼きが好きでした。また、虫食が好きな人は「カイコのさなぎ」とかもあります。そして三つ目は、「天龍菜館」。ここの「天龍セット」は凄まじいコストパフォーマンスを発揮します。1000円で、ビール大瓶、春巻き3本、そして、焼き豚などの乗った前菜の盛り合わせがついてきます。これだけでいける感じです。二人で行ったら、このセットと何か一品頼めば結構な満足度です。

中華系のお店では、この3つのお店のローテーションって感じになりました、最終形態としては。もちろん、これ以外に日系とかのBARとかにはよく行ってたけど、中華系だとこの3つですね。もし、飲み歩きとかにおいて、私と相性の良い人ならば、この3つのお店はきっと気に入るはず。

それでは、ご健闘をお祈りしております。