この記事の所要時間: 44

ベトナム南部にある小さな港町・ムイネーは、ホーチミンから車で数時間のところにあるビーチリゾート。ニャチャンやダナンほどの知名度はありませんが、そのぶん、ゆったりと過ごせるのが魅力です。ここでは、ムイネーでおすすめの観光スポットや名物グルメをご紹介。ベトナム南部を観光するさいの参考にどうぞ。足を運んで損はない観光地となっています。

落ち着いた雰囲気のビーチリゾート「ムイネー」

ベトナム南部最大の都市・ホーチミンから車で約4~5時間くらいの場所にある港町・ムイネー。この町は、ホーチミンから日帰りも可能なビーチリゾートです。海に面した国土を広く持っているベトナム。この国のビーチリゾートいえば、ニャチャンや最近ではダナンあたりが有名ですが、このムイネーも近年人気の高い観光地になっています。ダナンやニャチャンほどの規模はありませんが、そのぶん、落ち着いた時間を過ごせるのが魅力です。

ベトナム南部にあるビーチリゾートといえば、ほかにもブンタウという町がありますが、こちらはどちらかというとローカル色が強め。ムイネーは、外国からの観光客が比較的多いという点で、海外にあまり慣れていない人でも気軽に立ち寄れる雰囲気があります。それでいて町からちょっと離れたところでは、漁村などの長閑なローカルな風景も楽しめる観光地です。

ムイネーには広大な砂丘がふたつもある

ムイネーはベトナム最大規模の砂丘地帯でもあります。この町の近くには、「ホワイト・サデューン」と「イエロー・サデューン」というふたつの砂丘があって、それぞれが人気の観光スポットになっています。

「ホワイト・サデューン」は、その名前の通り一面が白い砂で埋め尽くされている広大な砂丘。サンライズをみる名所でもあります。サンライズをみたい場合には、早朝4時からスタートするツアーなどを活用すると良いでしょう。徒歩でも楽しめますが、とても広いのでバギーなどの車(別料金が必要)で移動すると楽です。

そしてこちらは「レッド・サデューン」。その名前のとおり、赤っぽい色をした砂で埋め尽くされた砂丘です。ここでの楽しみかたの特徴は、砂滑りができること。プラスチックの板で作られたソリのようなもので、砂場の坂を滑り降りることができるのです。お子さん連れの際には、とくにおすすめの観光スポットです。

ムイネー観光のハイライト「フェアリー・ストリーム」

そして、このムイネー観光のハイライトともいえるのがこの「フェアリー・ストリーム」です。ここは小川を裸足で歩いていくという観光スポット。川底の砂もきめ細かくて、水の流れも心地よく足を刺激してくれます。足元から涼しさを感じながら、ムイネーに広がる自然のなかを歩くことができます。

歩いていくたびに変わっていく風景も見どころのひとつといえるでしょう。写真のようにフォトジェニックな場所も。たしかに妖精たちが暮らしていそうな、天然の観光スポットです。

ムイネーの必食グルメは「イカの一夜干し」

ムイネーは港町などで、新鮮な魚介類を楽しめるところ。そして、必ず食べておきたい名物グルメがあります。それは「イカの一夜干し」。日本では一般的な居酒屋メニューではありますが、ムイネー産のイカは絶品!ビールなどのお酒とともに、ぜひ食べておきたい逸品です。美食家の人ならば、これを食べるためだけにムイネーを訪れる価値があるほど。

絶品の「イカの一夜干し」を食べたいときにおすすめのお店が「Cay Bang」。海のそばにある風通しのよいレストランで、数多くのシーフード料理が楽しめます。

<基本情報>
住所:2-4 Nguyen Dinh Chieu Street, Ham Tien Ward, Phan Thiet
電話番号:+84-252-3847-009

また、小腹が空いたときにおすすめなのが、ベトナム風ワッフル「Banh Kep」。ココナッツミルクを混ぜた生地を焼いて、砕いたナッツなどを生地のなかに入れてクルクルと巻き上げたお菓子です。シンプルで素朴な味ですが、これがおいしい。お値段は1袋10,000ドン(約50円)くらいからとお手ごろです。

近年、人気上昇中のビーチリゾート「ムイネー」

ベトナム南部最大の都市・ホーチミンから日帰りもできる距離にあるビーチリゾート「ムイネー」。ここでは、近年注目されつつある、この小さな港町の魅力の一部をご紹介しました。広大な砂丘や裸足で歩ける小川、そして、絶品グルメまで。もちろん、一般的なビーチリゾートとしてマリンスポーツも楽しめます。ベトナム南部を観光するさいには、ぜひ参考にしてみてください。

2018年9月現在の情報です。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Popular Posts: